一生に一度

理想のウェディング挙式を挙げるなら:素敵なウェディングを叶える式場特集【六本木編】

結婚式は一生に一度の思い出になるものですが、洋式の結婚式にするか和式の結婚式にするかは大きく意見が分かれるところです。というよりもウェディングドレスを着るのか白無垢を着るのかで悩むことが多いわけですが、どちらも憧れという意味ではとても強いものなので選ぶほうは大変ですよね。
最近では和式の結婚式は少なくなっているようで、多くの場合は洋式になります。よく招待される人はわかるかもしれませんが、なかなか和式の結婚式を見かけることがありません。レストランウェディングやハウスウェディングなど様々な形式が増えましたが、その多くが洋式であることにも起因しているのでしょう。

洋式ということはウェディングドレスを着るわけですが、これをオーダーにするかレンタルにするかも悩みどころです。
オーダーでは自分にピッタリのドレスを作ることができますが、1回使うだけということを考えればその費用は高く感じるものです。レンタルではなかなかピッタリのものを見つけることはできないかもしれませんが、費用のほうはかなり抑えられるようになるでしょう。

レンタルのウェディングドレスではピッタリのものを見つけることは難しいと言いましたが、最近ではレンタルドレスの種類も格段に増えています。その中から自由に選べて費用も抑えられるということからウェディングドレスをレンタルにする人も多いようですね。
確かに一生に一回のことをレンタルで済ませたくない、という人もいるかもしれませんが、自分にピッタリのものが見つかるのであればレンタルもいいものだと思います。
考え方は人それぞれだと思いますが、よく考えて決断するようにしましょう。